ホームへ戻るお問合せ
 
歯の治療はいくら無痛だとしても恐怖感・不安感だけはどうすることもできません。
緊張のあまり歯科治療は疲れる、歯医者は怖くてイヤだ。
こういう方に最適なのが笑気吸入鎮静法です。
笑気とは非常に安全な麻酔ガスの一つで酸素と一緒に吸うこと で、気持ちがゆったりと楽になり、リラックスした状態で治療を受けることができます。
不安や恐怖心が和らぎ、治療に伴う苦痛を減らすこと ができるのです。

それじゃ〜どんな治療法?
鼻マスクを着けて、通常の呼吸をします。
1〜2分で怖さは和らぎ、心地よい、少し暖かい気分になります。
注射の時も、少しも怖くありません。
痛みもズット和らいで、もう、治療椅子にしがみつくこともありません。
気持ちはすっかり穏やかです。
削ったり抜いたりの治療中も、少し気が大きくなって怖さを忘れています。
体の機能は普段と少しも変わりません。
医院のスタッフとの会話も可能です。
治療終了でもとに戻ります。
長い治療も気になりません


※注意※
安全な笑気ガス吸入鎮静法ですがご使用できない場合もあります。

1. 鼻が詰まっていたり、アレルギー性鼻炎など、 鼻で呼吸するのが難しい患者さん。     
2. 妊娠中の患者さん。                
3. 喘息やてんかんを持っている患者さん。    
4. 精神発達遅延や聞きわけのない幼児である患者さん。
5. 精神分裂症や情動不安定の患者さん。    
6. 長期大量の副腎皮質ホルモン、自律神経安定薬、 降圧剤などを服用している患者さん。   
上記に当てはまる患者さんには、残念ながら笑気ガス吸入鎮静法は使用できません。
担当の歯科医師と良くご相談ください。